不安なはじまり方

出会いアプリを利用したことがある人達は、相手の感情を察知するためにどのような工夫をしているのでしょうか。アプリ越しの出会いから始まり、アプリの中でのやり取りがしばらく続くことを考えると、相手の人となりはメッセージのやり取り程度でしか推し量ることができません。メールは文章の羅列です。嘘をつくことも可能でしょう。思ってもいない言葉を文字に表し送り付けることも容易にできてしまいます。もしもアプリを利用している自分自身が気晴らし程度の恋愛ゲームを望んでいるのであれば、その相手がどういった感情を持っていようともそこまで気にはならないという場合もあるかもしれません。しかし遊びではなく本気の恋愛を望み、アプリの中での出会いに大きな期待を寄せている人であるならば、相手の感情が遊びや不誠実なものであるならひどく悲しい衝撃を受けることになるでしょう。

アプリというバーチャルな出会いであり、そこにいる人達の顔が直接には見えない場であるからこそ、出会いアプリに対して少し不信感を抱いてしまう人も中にはいるかもしれません。現実の生活の中で起こる出会いでさえも相手をどこまで信じてよいかは迷うところであるはずです。それがアプリ越しの出会いともなれば、慣れていない人にとっては尚更に警戒心を高めてしまう場合もあるかもしれません。

しかし相手の気持ちを勘ぐってしまってばかりいては、本当に交際したいと思うその瞬間さえも逃してしまう恐れがあります。まずは相手を信じ、信じた上でその人の性質を細かく捉えていくと良いでしょう。相手はワンクッションもおかずとりあえず会おうと言ってくるような軽い間隔の持ち主でしょうか。それともじっくりとお互いを理解し合い、会おうといっても大丈夫かどうかを悩んでくれていそうな人でしょうか。メールのやり取りだけであっても、ある程度その人の人格とは把握できるようになっていくのです。

相手を信じると同時に、自分のこともきちんと明らかにしていく必要があります。自分が不安だったのと同様に、相手もまた不安を抱えていることでしょう。二人で丁寧にやり取りをしながら、本気になれるかどうかを見極めていくと良いでしょう。