遊び感覚か否か遊び感覚か否か

恋愛にはいくつかの種類があります。
愛や恋といった字面の通り、その相手に対して少なからず好意を抱いていることは大きな大前提となるでしょう。
しかしその好意の大きさや方向性に関しては、そのカップルごとによって全くもって異なるところがあるのです。
それをいくつかのカテゴリーとして区分するのであれば、大きく分けて三つ程度に分類することが可能となります。

一つは物寂しさを紛らわせるために、誰かに隣にいてほしいという気持ちが先行している恋愛です。
この場合の恋は相手に対する好意はいうまでもなく持っているはずですが、その人でなければ駄目だったかというと決してそうではないでしょう。
明け透けに言い放ってしまうのであれば、誰でも良かったという感情が最も当てはまるのではないでしょうか。

二つ目の分類は、遊び半分の気軽な恋愛でしょう。
人と人との出会いはいつどこであるか分かりません。
たまたま同じお店に居合わせた男女が、そのまま結ばれる運命を辿ることもあるでしょう。
しかしその時の出会いに確信的な運命を感じられる人は稀であるはずです。
タイプの人に当て嵌まるかなという気安い印象を相手に感じ、ほんの軽い気持ちで恋愛を始めるのです。
そこから深い関係に入っていくかどうかはお互いの愛称次第と言ったところでしょう。

この二つ以外の三つ目の分類としては、本気になる恋愛です。
寂しさを紛らわせるための相手でもなく、暇潰し程度の遊び感覚でもなく、その人だからこそという明確な気持ちに基づき恋愛を始めるパターンでしょう。
この出会いはある意味での運命と取ることができます。
好きで仕方がないという大きな気持ちが前に来ているため、ちょっとした気まぐれや気分の変化だけで別れを選ぶことは滅多にないでしょう。
人が人と本気で付き合いたいと思うのは、その人に対する誠意の表れでもあります。
出会いアプリのような場では多くの人が隔たりなく集まっていますが、相手が遊びなのか本気で来てくれているのかは判断の別れ道となる選択でしょう。
アプリだからといって、自分まで遊び感覚になってしまうと本物の恋愛は勝ち取れません。
きちんと相手を見極め、恋愛に前向きな姿勢を見せることが重要です。